更新日:2011年7月8日

東日本大震災への対応について

東日本大震災への市職の取り組み

 全国の商店街が連携して災害時の相互援助システムづくりにとりくむ「蔵屋敷ネットワーク」では、津波で壊滅的な被害をうけた南三陸町への救援物資搬送について独自のルートを確立させました。

 市職対策本部には、市職が三津屋商店街の協力を得て開設した市民交流スペース「みつや交流亭」のご縁で、このルートの紹介と救援物資の送付について、協力の要請があったところです。詳しくはPDFをご覧下さい。