HOME > 大阪市職News

2014/3/29 土曜日

市職「育休組合員セミナー」に19名が参加

Filed under: 講座・シンポジウム — admin @ 1:08:26

子育ての悩みや復職への不安…
~みんなでいっぱいしゃべりました~

市職は3月19日午前10時からヴィアーレ大阪で、育児休業中組合員セミナー「みんなで話そう!子育てのこと、しごとのこと」を開催しました。このセミナーは、組合説明会と子育て講座、参加者の交流を通じて、育休中の組合員が抱える復職時の不安や育児の悩みを少しでも解消できればと企画したもの。会場と別フロアに一時保育室を設けるなど、市職として初のとりくみとなりましたが、セミナーには19名の組合員が参加。一時保育室では保育士が16名のお子さんを預かりました。

セミナーの冒頭は組合説明会。本部調査局から育休中に変更となった勤務労働条件や復職後に利用できる諸制度、共済事業本部から「団体生命共済」「親子共済」などを説明しました。

説明に続いて、社団法人子ども情報研究センターの大森順子さんから講演が行われました。大森さんは「子育てはひとりではなく、パートナーや親、ご近所、友人の協力を得てみんなで行おう」とし、「子どもを人に預け自分の時間をつくることに罪悪感を持つ人もいるが、子どもの視点では新たな出会いや経験にもなると考えれば良い」と述べられ、ひとりで抱え込まず、周囲の人に頼ることや自分ひとりの時間をつくることの必要性などを強調されました。意見交換では、参加者から日頃の育児の悩み、復職への不安など積極的な発言が行われました。
セミナー終了後は一時保育中のお子さんも一緒に昼食交流会。保育中の子どもの様子などを保育スタッフから熱心に聞きながら、参加者同士の交流が図られました。

セミナーでは活発な意見交換

関連記事:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

You must be logged in to post a comment.